目川立場元伊勢屋跡めがわたてばもといせやあと

東海道を往来する旅人の休憩所として江戸幕府によって立場茶屋が置かれた。
ここで共された食事は地元産の食材を使った菜飯と田楽で、独特の風味を有し東海道の名物となった。
天明時代の当家の主人岡野五左衛門は「岡笠山」と号した文人画家である。
与謝蕪村に師事し、その力量は「よく師法を受け、筆神に入る」と称賛され「幕府の命にに応じて揮毫し、将軍の覧に供す」と記録されている。
作品には氏神の小槻大社へ奉納された大絵馬の外、地元にも数点の作品が残されている。

≫石部~草津を歩く

目川立場元伊勢屋跡
目川立場元伊勢屋跡

前の名所:一里塚跡
次の名所:本家うばがもちや