富士浅間宮鳥居ふじせんげんぐうとりい

赤鳥居と呼ばれ親しまれているこの鳥居は、東海道分間延絵図にもその姿が描かれ、重要文化財で木花開耶姫命を祀る冨士浅間宮本殿までの参道の入口に立っている。
現在は鳥居と社殿の間に一般国道1号や東名高速道路が通り、周辺には多くの工場が立ち並んでいるために、鳥居だけが取り残されたようにみえますが、江戸時代には東海道から木々の間に社殿を見通すことができたという。

≫掛川~袋井を歩く

富士浅間宮鳥居
富士浅間宮鳥居

前の名所:名栗松並木
次の名所:妙日寺