久津部一里塚跡くつべいちりつかあと

徳川幕府は慶長9年2月東海・東山・北陸三道に一里塚を築かしめて旅人の便をはかった。その当時本村久津部の地は江戸日本橋より60里の地点であったから道をはさんで両側に高く土を盛り松を植えて一里塚を築いた。

≫掛川~袋井を歩く

久津部一里塚跡
久津部一里塚跡

前の名所:妙日寺
次の名所:常夜燈