名栗松並木なぐりまつなみき

江戸時代の東海道沿線の村々を記録した「東海道宿村大概帳」には「(掛川)宿より袋井宿迄之間往還通並木」と記され、街道の両側には旅人を強い日差しから守っていた松並木が、名栗から久津部の間に残されている。
東海道の松並木は、慶長9年(1604)に徳川秀忠が「街道の左右に松を植しめらる」と「徳川実記」は記している。その後、幕府は並木の維持管理に関する法令をたびたび出している。明治維新以降は道路拡幅工事などによってその数を減らした。

≫掛川~袋井を歩く

名栗松並木
名栗松並木

前の名所:同心橋
次の名所:富士浅間宮鳥居