大岡寺畷だいこうじなわて

鈴鹿川の北堤を1946間(3.5km)約18丁に及ぶ東海道一の長縄手であった。江戸時代は松並木であったが、明治になって枯松の跡へ桜を植えたが、その桜もほとんど枯れてしまった。 芭蕉もこの長い畷を旅して「から風の大岡寺縄手ふき通し、連(つれ)もちからもみな坐頭なり」と詠んでいる。

≫亀山~関を歩く

大岡寺畷
大岡寺畷

前の名所:布気皇館太神社
次の名所:小萬のもたれ松