野村一里塚跡のむらいちりつかあと

この一里塚は、街道をはさんで南北に塚があったが、大正3年に南側のものは取り去られ、北側の塚のみとなってしまった。塚の上には、目通り幹囲5m、高さ20mのムクの木がある。貴重な遺跡として、昭和9年1月22日、国の史跡として指定された。

≫亀山~関を歩く

野村一里塚跡
野村一里塚跡

次の名所:布気皇館太神社