関宿せきしゅく(三重県亀山市)

関宿は戦国時代末期には宿駅の設置があったようで、一般に「関地蔵(せきのじぞう)」と呼ばれていた。宿は江戸方より小崎・中・新所の三町からなり、関三町(せきのさんちょう)と称された。

≫亀山~関を歩く

東追分(ひがしおいわけ)
関が歴史に登場するのは、7世紀この地に「鈴鹿関」が設けられたのがはじめで、これが地名の由来ともなっている。 慶長6年(1601)徳川幕府が宿駅の制度を定めた際、関宿は東海道五十三次で47番目の宿場となり、問屋場や陣屋なども整えられた。古文書によると、天保14年(1843)には家数632軒、本陣2、脇本陣2、旅籠屋42があったとされ(東海道宿村大概帳)、鈴鹿峠を控えた東海道の重要な宿駅として、また伊勢別街道や大和街道の分岐点として、江戸時代を通じて繁栄した。 ここ東の追分は伊勢別街道の分岐点で、鳥居は伊勢神宮の式年遷宮の際、古い鳥居を移築するのがならわしになっている。
御馳走場跡(ごちそうばあと)
宿場の役人が、関宿に出入りした身分の高い武家や公家に対し、衣服を改め宿場両端の御馳走場まで出迎えや見送りを行った場所。
鶴屋脇本陣跡(つるやわきほんじんあと)
元鶴屋(波多野家)。 脇本陣は、本陣に準じる宿として、主に身分の高い人達の宿泊の用を勤めたが、平素は一般庶民も泊まることができた。 鶴屋は西尾吉兵衛を名乗っていたので西尾脇本陣ともいった。二階避面に千鳥破風をのせた派手な意匠である。
川北本陣跡(かわきたほんじんあと)
江戸時代初期から関で本陣をつとめていた川北家の跡で、当時をしのぶ碑が建っている。川北本陣の門は、延命寺の山門として移設されている。
伊藤本陣跡(いとうほんじんあと)
伊藤本陣は川北本陣と並んで東海道関宿の中心的な役割を果たした。伊藤本陣は間口11間余、建坪69坪、西隣の表門は、唐破風造りの檜皮ぶきであった。現在残っている街道に面した部分は、家族の居住と大名宿泊時に道具置場に供する建物である。
関宿高札場跡(関宿高札場跡)
関宿高札場は、御茶屋御殿の街道に面した位置にあり、街道に面した間口11間余のほぼ中央に、枡形状の土塀に囲まれてあり、高札場の建設、高札の付け替えなどは亀山藩が行っていた。 「東海道宿村大概帳」によると、関宿高札場には8枚の高札が掲げられており、その内容は、生活にかかわる様々な規範、キリシタン禁令や徒党・強訴などの禁止といった幕府の禁令、隣接宿場までの人馬駄賃の規定などであった。
福蔵寺(ふくぞうじ)
織田信長の三男織田信孝の菩提寺。 境内には、母の遺志を継ぎ父の仇を討った関の小萬の墓がある。
地蔵院(じぞういん)
天平13(741)年、奈良東大寺の僧行基が、諸国に流行した天然痘から人々を救うため、この関の地に地蔵菩薩を安置したと伝えられる、日本最古の地蔵菩薩。 境内の本堂、愛染道、鐘楼は国指定重要文化財。
西の追分(にしのおいわけ)
西の追分は大和街道との分岐点にあたり、東海道・京都方面への次の宿は坂下宿で、鈴鹿峠を越えて京都へは19里半(78㎞)ある。また、大和街道は加太(かぶと)越えをして伊賀から奈良に至る。

≫坂下宿へ行く

関宿 東追分 御馳走場跡 鶴屋脇本陣跡 川北本陣跡 伊藤本陣跡 関宿高札場跡 福蔵寺 地蔵院 西の追分

前の名所:羽黒権現神社