正法寺山荘跡しょうぼうじさんそうあと

正法寺山荘は、羽黒山を背にして三方を小野川の清流が流れ、自然の要害ともなるこの地へ、関氏一族の武将関盛貞によって永正(1504年~)のはじめに築かれた。
戦乱に明け暮れる世にあってもこの砦へは、連歌師柴屋軒宗長がしばしば訪れ、詩歌や茶の湯など風流のみちでも交わりを深めている。

≫亀山~関を歩く

正法寺山荘跡
正法寺山荘跡

前の名所:小萬のもたれ松
次の名所:羽黒権現神社