旧帷子橋碑跡きゅうかたびらばしひあと

旧東海道に架けられていた帷子(かたびら)橋は、現在の「帷子橋」の位置ではなく、昭和31年(1956)に帷子川の河川改修工事により帷子橋の位置も変わった。かつての帷子橋の跡地は、現在の天王町駅前公園の一部となっており、安藤広重の「東海道五十三次之内 保土ヶ谷」の風景はに帷子橋が描かれている。

≫神奈川~程ヶ谷を歩く

旧帷子橋碑跡
旧帷子橋碑跡

前の名所:橘樹神社
次の名所:香象院