鶏頭塚と庚申堂けいとうづかとこうしんどう

鶏頭塚は旧東海道の石畳の坂道の途中にある塚の名のいわれとなった。
「曙も夕ぐれもなし鶏頭華」の句と「六々庵巴静寛保甲子四年(1744年)二月十九日没」と刻んだ自然石の碑である。
巴静というのは蕉風をひろめた江戸時代の俳人で、その教えを受けた金谷の門人たちは、師の徳を慕って金谷坂の入口北側の辺りにこの句碑を建てた。この碑石は道路工事等に伴いその都度移動したが、風雅の心ある地元の人々の心配りによって、保存が図られて、現在に至っている。
なお、塚の裏に位置する庚申堂は、昔から土地の人々に信仰され、徳川時代の大盗日本左衛門がここを夜働きの着替え場所としていたことが口碑として残っている。

≫金谷~日坂を歩く

鶏頭塚と庚申堂
鶏頭塚と庚申堂

前の名所:石畳茶屋
次の名所:六角堂地蔵尊