菊川の里きくかわのさと

中世から栄えた旧東海道の宿場であったが、江戸時代では東海道五十三次に指定されず、間の宿になった。
間の宿とは、宿場と宿場の間に発展した休憩用の町場のこと。商家が軒を連ねても、宿場ではないため宿だけはない。

≫金谷~日坂を歩く

菊川の里
菊川の里

前の名所:菊川坂石畳
次の名所:小夜の中山