下木戸跡しもきどあと

江戸時代、宿場の治安維持のため、東西の入口には木戸が設けられていた。大規模な宿場では観音開きの大きな門でしたが、小規模であった日坂宿では川が門の役割を果たしていた。
古宮橋の架かる逆川のこの場所が「下の木戸(下木戸)」となっていて、江戸時代初期の頃までは橋幅も狭く、粗末な木橋で、いったん事が起こったときは、宿場の治安維持のために橋をはずしたとも伝えられている。
また、宿役人の管理下にあった高札場が木戸の機能を果たしていたという説もある。

≫金谷~日坂を歩く

下木戸跡
下木戸跡

前の名所:高札場跡