西行歌碑さいぎょうかひ

西行法師は平安時代末期の歌人。新古今和歌集には最も多くの歌が入集されているが、その中でも優れた歌のひとつとされているのがこの一首である。
「年たけてまた越ゆべしとおもひきや命なりけりさやの中山」
23歳で出家し、自由な漂泊者としての人生を送りながら自然とのかかわりの中で人生の味わいを歌いつづけた西行の、最も円熟味をました晩年69歳の作である。
この歌は、文治3年(1186年)の秋、重源上人の依頼をうけて奈良東大寺の砂金勧進のため奥州の藤原秀衡を訪ねる途中、生涯二度目の中山越えに、人生の感慨をしみじみと歌ったものである。

≫金谷~日坂を歩く

西行歌碑
西行歌碑

前の名所:扇屋
次の名所:佐夜鹿一里塚