小夜の中山さよのなかやま

天保13年(1842年)頃に広重が描いた、「行書東海道」「狂歌入東海道」「隷書東海道」「人物東海道」の続絵のなかの日坂、掛川を見ると、日坂はほとんど小夜の中山と夜泣石が描かれており、掛川は大池の秋葉山一の鳥居と常夜灯が描かれている。

≫金谷~日坂を歩く

小夜の中山
小夜の中山

前の名所:菊川の里
次の名所:接待茶屋跡