鎧塚よろいづか

案内板に下記の記載がある。 建武二年(1335年) 北条時行の一族名越太郎邦時が、世に言う「中先代の乱」のおり、京へ上ろうとして、この地に於て足利一族の今川頼国と戦い、壮絶な討ち死にをした。  頼国は、名越邦時の武勇をたたえここに塚をつくり葬ったと言われる。

≫金谷~日坂を歩く

鎧塚
鎧塚

前の名所:佐夜鹿一里塚
次の名所:涼みの松