芭蕉の句碑ばしょうのくひ

「麦の穂を たよりにつかむ 別れかな」元禄7年(1694)5月、故郷伊賀に向かった芭蕉は、見送りにきた門人たちと川崎宿のはずれの茶店で別れを惜しみ詠んだ句。作吟地に立てられた碑としては大変貴重なもので、江戸時代の川崎宿を偲ばせる最も記念すべき遺産の一つ。

≫川崎~神奈川を歩く

芭蕉の句碑
芭蕉の句碑

次の名所:八丁畷