市場の一里塚いちばのいちりづか

慶長9年(1604年)徳川家康は街道を整備し、一里ごとに5間四方の塚を築いた。塚には榎(えのき)を植え、旅人の里程(りてい)の目安とした。榎を植えた理由は、根が深くはって塚が崩れにくいからだと言われている。ここは、日本橋から5番目の一里塚にあたる。

≫川崎~神奈川を歩く

市場の一里塚
市場の一里塚

前の名所:熊野神社
次の名所:鶴見川橋