浄瀧寺じょうりゅうじ

浄瀧寺は妙湖山と号し、日蓮宗にに属する。文応元年(1260年)妙湖尼は、当時の政治の中心であった鎌倉に向かう途中にここに立ち寄った日蓮聖人と遇い、聖人の人柄にうたれ法華経の話を聞いて弟子になり、自分の庵を法華経の道場とした。

≫神奈川宿を歩く

浄瀧寺
浄瀧寺

前の名所:滝の橋
次の名所:宗興寺