笠のぎ稲荷神社かさのぎいなりじんじゃ

宇迦之魂命(うかのみたまのみこと)を祭神として祭る。社伝によれば、平安時代の天慶年間(938~947年)に、淳和(じゅんな)天皇勅願所浦島院勧福寿寺の僧侶が、現在の浦島が丘の稲荷山の中腹に社殿を建立し、京都の伏見稲荷大社の分霊を勧請して創祀した。元寇の際には北条時宗より神宝が奉納された。
元禄2年(1689年)に山麓にうつされ、霊験ますますあらたかとなり、社前を通行する者の笠が自然と脱げ落ちるということから笠脱稲荷大明神とも呼ばれ、後に別当寺能満寺の阿砂利が『笠のぎ(のぎへんに皇)稲荷神社』と改称し明治2年に現在地に祀られた。

≫神奈川宿を歩く

笠のぎ稲荷神社
笠のぎ稲荷神社

次の名所:金蔵院