生麦事件の碑なまむぎじけんのひ

生麦事件とは、江戸時代末期の文久2年(1862)、薩摩の島津久光が江戸からの帰国途中、相州生麦村(現横浜市鶴見区)を通過のさい、日本語を理解できずに行列に馬で乗り入れた上海のイギリス商人C.L.リチャードソンら4人を無礼打ちにし、殺傷した事件である。この事件がきっかけとなり、薩英戦争が起こることになる。

≫川崎~神奈川を歩く

生麦事件の碑
生麦事件の碑

前の名所:道念稲荷
次の名所:良泉寺