平野神社ひらのじんじゃ

祭神は精大明神で蹴鞠の祖神といわれている。古くから芸能の神として信仰を集めてきた。江戸時代には、蹴鞠を家職とする公家の飛鳥井・難波両家も当社を信仰し、その神事に奉仕していた。毎年8月に境内で蹴鞠祭が催されている。

≫草津~大津を歩く

平野神社
平野神社

前の名所:義仲寺境内
次の名所:大津宿