常照寺じょうしょうじ

天文七年(1538)釈法導によって開山された。寛文年間(1661~1673)にそれまでの天台宗から浄土真宗本願寺派に転派して以来四百余年今日に至っている。本堂は明治四十二年(1909)に再建され、鐘楼・山門は明治の末に建てられた。平成7年11月本堂・鐘楼の屋根の修復が行われた。

≫桑名~四日市を歩く

常照寺
常照寺

前の名所:富田の一里塚跡
次の名所:力石