棒鼻跡ぼうばなあと

ここは新居宿の西境で、一度に大勢の人が通行できないように土塁が突き出て枡形をなしていた。 棒鼻とは、駕篭の棒先の意味があるが、大名行列が宿場へ入るとき、この場所で先頭(棒先)を整えたので、棒鼻と呼ぶようになったともいわれている。

≫舞坂~新居を歩く

棒鼻跡
棒鼻跡

前の名所:一里塚跡