本果寺ほんがじ

もとは真言宗のお寺であったが、元中七年(1390年)本興寺の末寺となり、法華宗に改宗した。 宝永四年(1707年)の大津波により大破、惣町移転となり、翌年現在の地に移転した。 徳川家康をはじめ代々の将軍より朱印を賜り、有栖川宮御祈願所を拝命し、位牌を安置。松山新田の開拓者野口休可の墓や無縁供養のめぐみ観音を祀る。 俳匠大野林火の句碑があり、「お経に化けた鯛」の伝話もある。平成十二年一字一石経の経塚に、「あけぼのの鐘」が建立された。

≫舞坂~新居を歩く

本果寺
本果寺

前の名所:疋田本陣跡
次の名所:神宮禅寺