一里塚跡いちりつかあと

一里塚は、江戸の日本橋を基点として街道の両側に一里(4㎞)ごとに土を盛り、その上に榎などを植えた塚。 里程の目印として、旅行者にとっては馬や駕篭代の計算などの目安となった。 慶長九年(1604年)二代将軍秀忠が一里塚を築かせたといわれ、東海道では百四ヶ所あった。 ここには左(東)に榎、右(西)に松が植えてあった。

≫舞坂~新居を歩く

一里塚跡
一里塚跡

前の名所:常夜燈
次の名所:棒鼻跡