神宮禅寺じんぐうぜんじ

寺名が示す通り、神仏混合時代の名残を残した寺であり、応永二年(1395年)に人皇九十五代後醍醐天皇、第十一番目の皇子聖鑑国師の法脈を直傳した、悦翁大園真覚禅師によって開山され、古くから子育てと安産の観音様と親しまれた観音様の祭られている観音堂。江戸時代の忠臣蔵に出てくる人物で有名な、土屋主税の建立した関所稲荷、東海道で通行の旅人の安全を見守っていた鯖弘法大師、等歴史のロマンを感じさせてくれるお寺である。

≫舞坂~新居を歩く

神宮禅寺
神宮禅寺

前の名所:本果寺
次の名所:諏訪神社