諏訪神社すわじんじゃ

式内は景行天皇十九年(約1900年前)の創立と伝えられる古社である。当初は新居宿の総氏神、猪鼻湖神社として猿田彦大神を奉斎し、浜辺に鎮座していたが、数度の天災により宝永五年(1708年)現在地に遷座となる。 現神社名は井口嘉末なる者が信州より移り住み、天正年間(1590年頃)諏訪大明神の御分霊を合祀したことから、いつしか諏訪神社と称するようになった。

≫舞坂~新居を歩く

諏訪神社
諏訪神社

前の名所:神宮禅寺
次の名所:常夜燈