西見附跡にしみつけあと

見附は、桝形城門の俗称で、番兵が通行人を見はるところから、「見附」といった。宿場の街頭の出入口にも見付が構築されたが、それは土手状のもので、石部宿の場合、東西二ヶ所にあった。見付の西側には、目見改場がそれぞれ設けられている。

≫水口~石部を歩く

西見附跡
西見附跡

前の名所:石部の一里塚跡