横田渡跡常夜燈よこたわたしあとじょうやとう

「横田の渡し」は「東海道十三渡し」のひとつ。常夜燈は文政五年(1822)に建立されている。常夜燈は万人講中のもので、普段は土橋、水かさが増した場合は舟渡しを行っていた。現在は公園となり川が一望できる。

≫水口~石部を歩く

横田渡跡常夜燈
横田渡跡常夜燈

次の名所:泉の一里塚跡