宝池寺一里塚ほうちじいちりつか

向かい側にある玉井寺一里塚と対を成し、一般的に「伏見一里塚」といわれ、江戸日本橋から29番目にあたる。
長い年月、風雨にさらされ原型が損なわれたので、昭和60年多くの篤志により原寸どおり復元された。
また、宝池寺側には立場があり、人夫が駕籠などを停めて休憩できる場であったと伝えられている。

≫三島~沼津を歩く

宝池寺一里塚
宝池寺一里塚

次の名所:玉井寺一里塚