遠州国分寺えんしゅうこくぶんじ

聖武天皇は、天平13年(741年)に仏の力を借りて飢饉・疫病などから国を守ろうとして、全国に国分寺・国分尼寺を建てる命令を下した。
ここ遠州国分寺は、昭和26年(1951年)に全国の国分寺調査に先がけて発掘調査が行われ、昭和27年(1952年)国指定の特別史跡(国宝と同格)となった。

≫見附~浜松を歩く

遠州国分寺
遠州国分寺

前の名所:府八幡宮
次の名所:宮之一色一里塚跡