府八幡宮ふはちまんぐう

奈良時代に桜井王が遠見国司として赴任した時、国内がよく治まるようにと、建立したと伝えられている。大鳥居をくぐり参道を歩くと、楼門、中門を経て拝殿・本殿へと続く。また、広大な敷地は緑豊かな森に囲まれている。

≫見附~浜松を歩く

府八幡宮
府八幡宮

次の名所:遠州国分寺