荒子城跡あらこじょうし

富士権現社の境内にある荒子城跡の立札には、「天文年間(1532~1555)前田利昌が築城、その長男利久、4男利家、利家の長男利長が相次いで居城。天正3年(1575)利家が越前北の庄(史実は府中説が有力)に移り、同9年(1581)利長も越前の府中(現在の武生市)に移り廃城となった。この城は『尾陽雑誌』『古城志』などに、東西約68米、南北約50米(「寛文村々覚書」には″古城跡東西38間、南北28間、先年前田又左衛門居城之由、今ハ畑ニ成ル″と記されてある>)と記され、一重堀をめぐらした」と書かれてあります。

≫宮~桑名を歩く

荒子城跡
荒子城跡

次の名所:桑名宿