光徳寺こうとくじ

浄土宗。古くは泡州崎念仏道場と称した。明治7年(1874)進善学校(日進小学校の前身)が当寺で開かれた。県指定史跡の沼波弄山墓がある。沼波弄山墓(1718~1777)は桑名船場町の商人で、万古焼の創始者である。また、大阪の市岡新田を開発した市岡宗栄(1664~1714)や、万古焼継承者加賀月華(1888~1937)の墓がある。

≫宮~桑名を歩く

光徳寺
光徳寺

前の名所:桑名城址
次の名所:十念寺