鉾ノ木貝塚ほこのきかいつか

縄文時代早期から前期にかけての貝塚で、貝層はハイガイを主としている。下部貝層や基底面からは、縄文のあるやや厚い土器や、薄手の細線文土器、上部貝層からは、前期中ごろの羽状縄文、爪形文を施した平底の深鉢型土器を主体として出土しており、上層土器の型式をとらえ「鉾ノ木式」と呼称されている。野村三郎氏により発見された。

≫鳴海~宮を歩く

鉾ノ木貝塚
鉾ノ木貝塚

次の名所:千鳥塚