ほうろく地蔵ほうろくじぞう

「尾張名所図会」によれば、この石地蔵は、もと三河国重原村(現、知立市)にあったが、野原の中に倒れ捨石のようになっていた。三河より焙烙を売りに尾張に来るものが、荷物の片方の重しとしてこの石仏を運んできて、、ここで焙烙を売りつくしたた後、海辺のあし原に捨てて帰った。地元の人がこの石仏を発見し、土中に埋まっていた台座と思われる角石に置いた。

≫鳴海~宮を歩く

ほうろく地蔵
ほうろく地蔵

前の名所:里程標
次の名所:丹羽家住宅