七里の渡し場しちりのわたしば

江戸時代、東海道の宿駅であった熱田は「宮」とも呼ばれ、桑名までの海路「七里の渡し」の船着場としても栄えていた。寛永2年(1625)に建てられた常夜灯は旅行する舟の貴重な目標であったが、現在は復元されて往時の名残をとどめている。安藤広重による「東海道五十三次」の中にも、宮の宿舟着場風景が描かれており、当時の舟の発着の様子を知ることができる。

≫鳴海~宮を歩く

七里の渡し場
七里の渡し場

前の名所:丹羽家住宅