笠覆寺りゅうふくじ

天林山と号し、真言宗である。俗に笠寺観音の名で知られ、尾張四観音の一つである。天平年中(729~)禅光上人の開基で、十一面観世音を安置する。初め小松寺と称したが、延長年中(923~)藤原兼平が堂宇を再興し、今の寺号に改めた。のち再び荒廃したが、嘉禎4年(1238)僧阿願が朝廷に願い出て、宣陽門院庁より田畑の寄進を受け堂塔を建立した。当寺には重要文化財・県指定文化財多数がある。

≫鳴海~宮を歩く

笠覆寺
笠覆寺

前の名所:笠寺一里塚
次の名所:裁断橋跡