日本橋

日本橋にほんばし(東京都中央区)

慶応8年(1603)、家康によって架けられた日本橋は、日本の中心、江戸繁栄の象徴となった。そして諸街道の起点と定められ、現在も、橋の中央に日本国道路元標が埋め込まれている。当時は木の橋が架けてあったものが、火事などで幾度も焼失。今日のルネサンス式石橋は、明治44年(1911)に架設されたもので、国の重要文化財に指定されている。

≫日本橋~品川を歩く

日本橋(にほんばし)
江戸時代の『道』の出発点。北へは中山道、日光街道、奥州街道。西へは甲州街道。そして、南へは東海道が伸びている。空は覆われてしまったものの、現在も、威厳を保っている。

≫品川宿へ行く

日本橋 日本橋

次の名所:名水白木屋の井戸
日本橋