浜川橋はまかわばし

涙橋と呼ばれる橋は江戸に二つある。ひとつは千住にある小塚原刑場跡近くの思川(おもいがわ)に掛かっていた橋で、もう一つが、この品川、鈴ヶ森刑場跡付近の立会川に掛かっていた橋である。いずれも刑場跡近くにあることに深い関連があることは、想像に難くない。千住の涙橋は、地名に名を残す程度で面影は無いが、品川の涙橋は現在浜川橋と名を変えて、今も橋としての役割を果たしている。

≫品川宿を歩く

浜川橋
浜川橋

前の名所:海晏寺