一心寺いっしんじ

1855年、山村一心によって成田山分身の不動明王を本尊として洲崎弁天境内に堂を建て安置したのが始まりという。昔より延命・商売の守りといわれ東海七福神の寿老人に指定されている。

≫品川宿を歩く

一心寺
一心寺

前の名所:法禅寺
次の名所:養願寺