問答河岸もんどうがし

かって海岸先に波止場があり、3代将軍徳川家光が東海寺に入るとき、沢庵和尚が迎え出て問答をした故事にちなむ。

将軍「海近くして東(遠)海寺とはこれ如何に」
和尚「大軍を率いても将(小)軍と言うが如し」

この東海寺、今は海岸線からずいぶんと離れた位置にあるが、何ともほほえましい情景が浮かぶ。

≫品川宿を歩く

問答河岸の碑
問答河岸の碑

次の名所:土蔵相模跡