歌川広重住居跡うたがわひろしげじゅうきょあと

浮世絵師歌川広重が、嘉永2年(1849)から死去までのおよそ十年間を過ごした住居跡。特に、名所江戸百景はこの地での代表作。住居は、幕府の奥絵師(御用絵師)狩野四家のうち、中橋狩野屋敷の裏門外にあり、二階建ての独立家屋であったという。

≫日本橋~品川を歩く

歌川広重住居跡
歌川広重住居跡

前の名所:名水白木屋の井戸
次の名所:京橋記念碑