円満寺えんまんじ

もとは、掛川城内にあった円満寺は、一豊による掛川城の大改修の一環である堀総普請のために現在位置へ移された。この寺の境内に現在も残っている蕗の門は、掛川城の内堀のほとりに建てられていた四足門で、廃城後に円満寺が買い受けて移築したものである。

≫日坂~掛川を歩く

円満寺
円満寺

前の名所:掛川城