風祭の一里塚かざまつりのいちりつか

実際の一里塚は十数m戻った両側にあった。高さは一丈で北側を男塚、南側を女塚と呼んでいた。塚には榎が植えられていたが明治12年12月12、13日の両日に切倒されてしまう。その時の塚の直径は2間(3.6m)高さは10尺(3m)女塚6尺(1.8m)で、一里塚の横には高札場もあった。

≫小田原~箱根を歩く

風祭の一里塚
風祭の一里塚

前の名所:風祭の道祖神
次の名所:招太寺