招太寺しょうたいじ

江戸時代初期の小田原藩主だった稲葉氏一族の菩提寺。当初は、小田原城下山角町にあったが、第二代稲葉美濃守正則が寛文九年(1669年)、幽邃境として知られた現在地に移建し、山寺号も「長興山紹太寺」と称し、父母と祖母春日局の霊をとむらった。
開山は、京都宇治の黄檗山万福寺で隠元禅師のもと修行に励んでいた名僧鉄牛和尚で、当時は、東西十四町七十間、南北十町十六間という広大な寺域に、七堂伽藍が配置され、黄檗宗では関東一の寺院だった。
元禄四年(1691年)、江戸への旅の途中、ここを通過したドイツの医師ケンペルは、旧東海道に面した長興山の総門の壮麗な姿を、『江戸参府旅行日記』に書きとめている。しかし、これらの堂塔は幕末安政年間の火災で焼失してしまう。

≫小田原~箱根を歩く

招太寺
招太寺

前の名所:風祭の一里塚
次の名所:三枚橋