宗福院そうふくいん

横須賀に移転した宗福院の地蔵堂で、現在は香林寺が管理している。
本尊は弘法大師作の延命子育地蔵大菩薩像で、箱根湯本の宿の古堂にあったが、永禄12年(1569年)香林寺9世の文察和尚が3.3mの地蔵尊坐像を造り、その胎内に安置した。

≫小田原~箱根を歩く

宗福院
宗福院

前の名所:常光寺
次の名所:風祭の道祖神