八幡神社(新田義貞墓)はちまんじんじゃ(にったよしさだはか)

松林の中にある鎌倉権五郎景政を祀る神社。境内右に新田義貞を祀った新田神社がる。延元3年(1338年)越前国(福井県)藤島で討死した義貞の首を家臣の宇都宮泰藤(小田原城主大久保氏の先祖)が本国の上野国(群馬県)届ける途中、重病にかかりやむをえず義貞の首を埋葬し自分自身もこの地で亡くなった。

≫大磯~小田原を歩く

八幡神社(新田義貞墓)
八幡神社(新田義貞墓)

前の名所:酒匂川
次の名所:山王神社