上方見附跡かみがたみつけあと

東海道を始めとする主要な街道の宿場の出入口には、街道を挟み見附(みつけ)と呼ばれる構造物があった。一般に、江戸側の出入口にあるものを江戸見附、京(上方)側にあるものを上方見附と呼んでいた。この江戸見附と上方見附の間が宿場の範囲である。

≫大磯~小田原を歩く

上方見附跡
上方見附跡

前の名所:大久寺