なりわい交流館なりわいこうりゅうかん

関東大震災(大正12年)により被害を受けた建物を、昭和7年に再建したもので、小田原の典型的な商家の造りである「出桁(だしげた)造り」という建築方法が用いられている。また、2階正面は出格子窓になっていて、昔の旅籠の雰囲気を醸し出している。内部の意匠も特徴的で、特に2階は、震災後に耐震工法として採用された洋小屋の構造を取り入れているなど、当時の小田原の時代背景を感じさせる貴重な建物。

≫大磯~小田原を歩く

なりわい交流館
なりわい交流館

次の名所:ういろう